ご利用の流れ

はじめは誰でもわからないことばかりです。まずは、お気軽にご相談ください。おひとりおひとりの状態に合わせて、それぞれに合ったご利用方法を提案させていただきます。何の書類が必要で、どこに行けばいいのか、みなさまの疑問にお答えしながら、最良の訪問看護をご提供します。

ご利用の流れ お問い合せ→相談→手続き→契約→利用
お電話でのお問い合せ 0942-65-6619
(受付時間 9:00〜18:00)
メールフォームでの
お問い合わせ

利用料金について

訪問看護は介護保険、医療保険、どちらの保険を利用するかで、利用回数や料金が異なります。
また、どちらの保険を利用出来るかについても法令で細かく定められています。
疑問や不明な点などありましたら、気軽にご相談ください。

介護保険の訪問看護を利用する場合

一般的に訪問看護が必要な方は、他の介護サービス(訪問介護や通所介護など)も同時に必要とすることから要介護認定を受けてから訪問看護を利用しています。要支援または要介護と認定された方は、(医療保険ではなく)介護保険を優先的に利用するよう制度上決められています。 医療保険と比べ介護保険のほうが自己負担割合が小さいというメリットもあります。(介護保険の自己負担割合はサービス利用額の原則1割、医療保険は1~3割)

医療保険の訪問看護を利用する場合

介護保険には月間の支給限度額があるため、他の介護サービスを多く使ってしまうと訪問看護が必要なだけ利用できなくなることがあります。医療保険には支給限度額がありません。主治医が必要性を認めた上で主治医の指示の下医療保険の訪問看護を利用することができます。尚、介護保険の訪問看護と医療保険の訪問看護を同時に利用することはできません。

自費の訪問看護を利用する場合

介護保険や医療保険のような公的な訪問看護には、要介護度や症状の程度、病気の種類、年齢などによって 利用できる回数や時間数に制限が設けられています。症状により看護が必要な方や、ご家族が充分に介護にたずさわれない世帯では、公的な訪問看護だけでは充分な サポートが受けられないことがあります。そのような場合は自費の訪問看護を利用して、公的な訪問看護では足りない分のサポートを受けることもできます。

介護保険と医療保険

利用料金表についてはこちらをご参考ください。

 訪問看護料金表【介護保険】(PDF)
 訪問看護料金表【医療保険】(PDF)
 特定疾患、疾病等、その他の資料(PDF)